【速報】600円税込(送料無料)でお試し↓

蓄膿症かもしれない症状

 

 

代表的な蓄膿症の症状

  • 鼻づまりが続き、鼻をかんでもスッキリしない
  • 粘り気が強くて黄色や黄緑色の鼻水が出始める
  • 鼻息がなんだか臭い
  • 集中力・記憶力がなくなってきた

 

風邪でもないのに「鼻詰まり」、「鼻通りが悪い」症状が出るようになったら要注意!それは蓄膿症の可能性があります。

 

 

蓄膿症放置でポリープが出来る!?

蓄膿症は鼻炎が酷くなったものと考えていただいて良いです。ずっと治らないと化膿し、副鼻腔内に膿がたまります。

 

この膿が鼻づまりや、臭い鼻息、鼻づまりによって脳への酸素が足りなくなり、集中力や記憶力を低下させます。

 

対策や治療を受けずに放置して、さらに症状が悪化すると副鼻腔にできるポリープ「鼻茸」と言うものができてさらに酷くなります。

 

 

幼い子供に多い鼻炎

子供の粘膜はデリケート。子供の頃の鼻炎が、引きずって蓄膿症になるケースが非常に多くあります。

 

昔はいわゆる「青っ鼻」をたらしていた子供が多くいました。

 

現在ではどこでもティッシュペーパーが手に入るため、青っ鼻をたらした子供を見かけなくなりましたが、逆に子供の鼻炎、蓄膿症がわかりづらくなりました。

 

子供はこれからいっぱい勉強して、いろいろなことを吸収していく非常に大事な時期。

 

鼻炎や蓄膿症の症状では、記憶力や集中力を低下させるので、予防や治療は欠かせませんね。

 

蓄膿・花粉アレルギーに効果的なお茶

 

蓄膿症かもしれない症状記事一覧

子供が蓄膿症かもしれない

蓄膿症は子供でも発症する可能性があります!「子供が蓄膿症なんて早くない?」「大人の病気だろ」なんて思っていませんか?むしろ、粘膜が弱く、鼻炎になりやすい子供の方が蓄膿症になりやすいものです。蓄膿症は鼻炎を放置してしまい、鼻炎が悪化すると化膿し、膿が出るようになります。症状として、記憶力や集中力の低下...

» 続きを読む

気になる口臭原因は蓄膿症かもしれません

口が臭いと思っているけど、原因は蓄膿かも?蓄膿症の症状の1つとして、口臭がありますが、自分では気づきにくく、ほかの人の指摘ではじめて知るという場合が少なくありません。蓄膿症による口臭は、副鼻腔に溜まった臭い膿が、鼻を介して口から息と一緒に出ることで臭いが発生します。お口のニオイ以外でも蓄膿症の症状で...

» 続きを読む

蓄膿症を治すには

蓄膿症を治すためには「蓄膿症」の名の通り、副鼻腔の中に膿が詰まった症状です。治療にはこの膿を排除する必要があります。病院で蓄膿症となった場合、ほとんどが手術療法があり、内視鏡下鼻内副鼻腔手術といわれる手術を行います。鼻の穴から内視鏡を入れて、炎症している粘膜を除去して、空気が通る状態に戻します。ただ...

» 続きを読む

蓄膿症は点鼻薬で治るのか?

点鼻薬は鼻づまりを悪化させることも!市販の点鼻薬(スプレー)は血管収縮剤が含まれています。鼻が詰まっている時に鼻スプレーを使うと、この成分により鼻粘膜の腫れが治まり鼻が通ってきます。蓄膿症は鼻の通りを良くすることで改善しやすくなりますが、点鼻薬には大きな欠点があります。薬の成分が一時的に血管を収縮さ...

» 続きを読む

蓄膿症は放置しても自然と治りません!

蓄膿は治癒力で勝手に治るのか?軽度の鼻炎くらいであれば、放置しても自然と治ってくれますが蓄膿症の場合はどうなんでしょうか?答えはNO、放って置いても治る病気ではありません。放置すればするほど確実に悪化していき、ポリープが出来ることもあります。この形がキノコに似ていることから鼻茸と呼ばれることも多いよ...

» 続きを読む

蓄膿症は鼻用カゼ薬で治るの?

市販の鼻用カゼ薬で治る?蓄膿症の症状に鼻水が目立つため、鼻水、鼻づまり、鼻炎などの風邪薬を服用する人もいるようです。市販の薬に配合されているものは基本的に炎症を抑える効果しかありませんので根本的に蓄膿症を改善させる効果は望めません。結論として風邪薬では蓄膿症は治りません。蓄膿症は放置するほど悪化し、...

» 続きを読む

蓄膿症は鼻うがいで洗浄すると良くなりますか?

蓄膿に対する鼻うがいの効果は…鼻うがいは軽度の鼻炎や鼻病予防には効果的ですが、蓄膿症になるほどまで進行した症状には全く効果がありません。蓄膿症は副鼻腔に膿が溜まる鼻の病気。鼻うがいの水が副鼻腔に入ることもなければ、膿を洗い流すこともありません。それどころか、間違ったやり方をしてしまうと鼻の粘膜を傷つ...

» 続きを読む

鼻がドブ臭いのは蓄膿症かもしれません。

鼻からニオイがする!鼻や口から出る息が匂う場合、蓄膿症かもしれません。蓄膿症の名の通り、副鼻腔に膿が溜まった症状でこの膿がドブのような鼻を摘みたくなるようなニオイを発します。体臭同様に鼻や口から臭いニオイがでると、人を接するのが憂鬱になってしまいますので対策したいところ。蓄膿症は放置しても治ることは...

» 続きを読む

蓄膿症にチクナインは効果なし!【治す方法はこちら】

鼻から臭いニオイがしたり、うっとうしい鼻詰りや頭痛に悩まされる蓄膿症。最近では、薬局、ドラッグストアなどで簡単に「市販薬チクナイン」を手に入れられますが、残念ながらチクナインに蓄膿症を治す効果はありません!蓄膿症にチクナインとCMなどで謳っていますが、その効能は一時的に鼻の通りを良くするだけ。しかも...

» 続きを読む

市販薬で蓄膿症は治せない!【治す方法はこちら】

蓄膿症は鼻から嫌な臭いニオイがでたり、頭痛や鼻詰りで息苦しい生活を余儀なくされるので、治したい病気。薬局やドラッグストアで手に入る、市販薬の点鼻薬やチクナインなどは、副鼻炎ぐらいには効果的ですが、蓄膿症ほどひどくなってしまうとコレだけでは対処出来ません。しかも、長く使い続けると「点鼻性鼻炎」という別...

» 続きを読む

仕事を覚えられない人は蓄膿症かも!【治す方法はこちら】

「仕事を覚えられなくなった」、「忘れっぽくなった」人は実は頭が悪いわけではなく、鼻が悪い…そう、蓄膿症かもしれません。⇒蓄膿症の症状蓄膿症は鼻通りが悪くなり、新鮮な酸素が脳に行き渡りにくくなるために記憶力、思考力、集中力の低下を引き起こします。仕事が出来る人間以外は、簡単に切り捨てられる世知辛い世の...

» 続きを読む

子供の集中力が続かない原因は蓄膿症かも!

子供が集中力が無くて勉強ができない。記憶力が悪く、物事を覚えられない。考える力が弱く答えを導き出せない。子供は本来、大人に比べて記憶力がいいし、やると決めたときの集中力は桁外れです。それなのに我が子は集中力がない…、その原因は蓄膿症なのかもしれません!子供はどうしても体が小さいので鼻腔も小さく狭いの...

» 続きを読む

子供の鼻水が止まらない原因!

子供の鼻水が止まらない原因のほとんどはアレルギー性鼻炎。ですが小さい子供にはあまり薬を飲ませられないし、放置してしまうと簡単に蓄膿症になってしまいます。そして蓄膿症は子供の頭を悪くしてしまいます!子供はどうしても体が小さいので鼻腔も小さく狭いので鼻炎や蓄膿症になりやすいのです。蓄膿症は鼻通りが悪くな...

» 続きを読む

蓄膿症は自然治癒するのか?

副鼻炎は自然治癒するけど蓄膿は…「蓄膿症」という病気は副鼻腔(上顎洞、蝶形骨洞、篩骨洞、前頭洞)内で炎症がおき結果、膿が溜まる病気です。勘違いされやすいのが「副鼻腔炎」とごっちゃにされること。読んでのとおり、「炎症」がおきているだけですので副鼻腔炎は自然治癒します。ですが「蓄膿症」になった場合は基本...

» 続きを読む

頭痛は蓄膿症の可能性も!

頭の痛みなのに実は蓄膿症というケースも多くあります。かなりの強い頭痛を訴えて病院に来られる方もいます。蓄膿症が原因の頭痛の場合、鼻炎症状(鼻水、鼻づまり)がはっきりしていますので、蓄膿症と診断されると、大抵の方は驚きます。そもそも蓄膿症は自覚症状に乏しい病気です。ですので「酷くなってからの鼻の悪臭」...

» 続きを読む

【眉間が痛い】は蓄膿症の可能性も!

眉間が痛いはずなのに蓄膿症って…?「蓄膿症」という病気は副鼻腔(上顎洞、蝶形骨洞、篩骨洞、前頭洞)内で炎症がおき結果、膿が溜まる病気です。眉間が痛い場合、眉間近くの副鼻腔(前頭銅)に「膿」が溜まっている可能性があります。蓄膿症はあまり自覚症状が無いもので、頭や眉間が痛くて病院にいったら「蓄膿でした」...

» 続きを読む

【原因不明の発熱】は蓄膿症の可能性も!

発熱しただけなのに蓄膿症って…?「蓄膿症」という病気は副鼻腔(上顎洞、蝶形骨洞、篩骨洞、前頭洞)内で炎症がおき結果、膿が溜まる病気です。この「副鼻腔に溜まった膿」が発熱を引き起こす可能性があります。ちょくちょく37度〜38度くらいの熱がでるようであればご注意を。蓄膿症はあまり自覚症状が無いもので、病...

» 続きを読む

蓄膿症の予防改善に良い食べ物!

蓄膿症は野菜を多めでバランスの摂れたものを蓄膿症にはバランスよく野菜を多めにとると良いとされています。他には穀物、豆、海藻類もいい。これらの食べ物は、体の保水力を高め、粘膜の強化に役立ちます。蓄膿症はれっきとした「病気」ですので、栄養をたっぷりと摂り、闘わなくてはなりませんよね?乱れた食生活では闘い...

» 続きを読む

蓄膿症になりやすいNG食べ物

とにかく蓄膿症になってしまう最たる原因は「鼻づまり」。鼻水で詰まってしまうと、鼻の中には新鮮な空気が入ってこれなくなり菌が繁殖しやすい環境となります。逆に言えば、鼻づまりを解消することで蓄膿症にならない可能性が非常に高くなります。また、すでに蓄膿症である方でも鼻づまりを解消することは、これ以上の症状...

» 続きを読む

蓄膿症は子供の成績を下げる!

蓄膿症と言うのは、12歳以下の子供に多い鼻病。その理由は子供はズルズルとした鼻水をいつまでもかまない、あるいはすすって終わりにしてしまうことが多いからです。また、アレルギー性鼻炎も鼻水で鼻腔がふさがれてしまうため、蓄膿症(正式には慢性副鼻腔炎といいますが…)にかかりやすくなってしまいます。蓄膿症は意...

» 続きを読む

子供が蓄膿/病院での診断と治療方法

子供が蓄膿症になってしまった場合、あるいは疑いがあると言う時はとりあえず近くの耳鼻科・病院で診断されることをオススメします診断や治療方法は大人と変わりはありませんが、子供の場合は手術を勧められることはまずありません。 また、診察方法として大人ですとレントゲン、酷そうな時にはCTやファイバースコープを...

» 続きを読む