【速報】600円税込(送料無料)でお試し↓

蓄膿症は点鼻薬で治るのか?

 

 

点鼻薬は鼻づまりを悪化させることも!

市販の点鼻薬(スプレー)は血管収縮剤が含まれています。
鼻が詰まっている時に鼻スプレーを使うと、この成分により鼻粘膜の腫れが治まり鼻が通ってきます。

 

蓄膿症は鼻の通りを良くすることで改善しやすくなりますが、点鼻薬には大きな欠点があります。

 

薬の成分が一時的に血管を収縮させているので、数時間経つと、元通り鼻づまりが復活。使いすぎると鼻粘膜の自律神経が変調をきたし、点鼻薬の使用量、回数を増やさなければ鼻づまりが解消されなくなります。

 

最終的には鼻粘膜がむくんで腫れっぱなしになり、点鼻薬が全く効かない状態に。点鼻薬による肥厚性鼻炎です。

 

点鼻薬が肥厚性鼻炎の原因に…

酷くなった肥厚性鼻炎はさらに鼻づまりを悪化させ、蓄膿症が更に進行してしまいます。しかも肥厚性鼻炎で厚くなった粘膜は手術で切除しなくてはなりません。ですので、点鼻薬の使用はオススメしません。

 

家庭で出来る蓄膿対策

蓄膿症は鼻の通りが悪くなることで副鼻腔に膿を作ります。これを改善するには、鼻通りを良くするのが一番です。

 

当サイトでは、身体の良い健康茶&ハープティーを紹介していますので、飲むだけで鼻のとおりがよくなり、予防対策が期待できる蝦夷スースー茶がおすすめです。

 

蓄膿・花粉アレルギーに効果的なお茶