【速報】600円税込(送料無料)でお試し↓

子供が蓄膿症かもしれない

 

蓄膿症は子供でも発症する可能性があります!

「子供が蓄膿症なんて早くない?」「大人の病気だろ」なんて思っていませんか?むしろ、粘膜が弱く、鼻炎になりやすい子供の方が蓄膿症になりやすいものです。

 

蓄膿症は鼻炎を放置してしまい、鼻炎が悪化すると化膿し、膿が出るようになります。症状として、記憶力や集中力の低下を招くので、勉強のできない子供になる可能性があります。

 

コレを回避するには子供をよく観察し、症状が怪しかったらすぐに対処したり予防が必要です。

 

 

子供の鼻炎・蓄膿の見分け方

 

  • 鼻づまりが多く、口呼吸が目立つ
  • 透明ではない黄色っぽい鼻水
  • よく頭痛を訴える
  • 鼻をよくすすっている

 

 

特によく見られるケースは蓄膿症になりますと、膿が詰まるので鼻づまりが多くなり、息苦しさを解消しようとして、口を開けていることが多くなります。

 

鼻をすすることが多いようであれば、チーンして鼻水を見てみるのも良いでしょう。

 

蓄膿症は頭の働きを悪くするため予防や対策をうつことをオススメします。

 

蓄膿・花粉アレルギーに効果的なお茶