【速報】600円税込(送料無料)でお試し↓

蓄膿症を治すには

 

 

蓄膿症を治すためには

「蓄膿症」の名の通り、副鼻腔の中に膿が詰まった症状です。治療にはこの膿を排除する必要があります。

 

病院で蓄膿症となった場合、ほとんどが手術療法があり、内視鏡下鼻内副鼻腔手術といわれる手術を行います。

 

鼻の穴から内視鏡を入れて、炎症している粘膜を除去して、空気が通る状態に戻します。

 

ただし、蓄膿症の治療が厄介なのは、手術で終わりではありません。1週間ほどの入院をしたあと、定期的に通院する治療が半年間も続きます。

家庭で出来る蓄膿対策

蓄膿症は鼻の通りが悪くなることで副鼻腔に膿を作ります。これを改善するには、鼻通りを良くするのが一番です。

 

当サイトでは、身体の良い健康茶&ハープティーを紹介していますので、飲むだけで鼻のとおりがよくなり、予防対策が期待できる蝦夷スースー茶がおすすめです。

 

蓄膿・花粉アレルギーに効果的なお茶