【速報】600円税込(送料無料)でお試し↓

子供が蓄膿/病院での診断と治療方法

 


子供が蓄膿症になってしまった場合、あるいは疑いがあると言う時はとりあえず近くの耳鼻科・病院で診断されることをオススメします診断や治療方法は大人と変わりはありませんが、子供の場合は手術を勧められることはまずありません。 

 

また、診察方法として大人ですとレントゲン、酷そうな時にはCTやファイバースコープを使うことがありますが、子供がまだ小さい時は問診だけで終わることも多いそうです。 

 

こどもが小さい段階ですと、まだ「蓄膿症」と到底呼べるようなレベルの酷さではないはず、ほとんどが鼻炎程度で駆け込んでくることが多いためです。

 

子供の蓄膿治療方法

 

  • 内服薬
  • ネブライザー
  • 副鼻腔内の洗浄 

 

となるでしょう。副鼻腔内の洗浄は子供が嫌がり泣き出すかもしれませんが、膿の吸引でをすれば一気に鼻腔内の環境が良くなります。

 

病院で処方される蓄膿薬では、鼻の痛みや症状を抑えることはできますが、根本的な蓄膿を完治させることは不可能です。

 

蓄膿は放置して治るのか?

子供とは限らず大人でも自然に蓄膿が治ってしまう場合もないわけではありませんが、生活環境に左右されるところが大きいため、蓄膿症になってしまった人は蓄膿症になりやすい環境であると推測されます。

 

ですので「放置して治る可能性がある」ことに期待して放置するのは非現実的。 

 

蓄膿症の症状から、勉強・成績に絡んでくる部分も多いため、一早く対応したいもの。普段の食事を改善したり、蓄膿予防に良いお茶やハーブティーなどを飲むのもオススメです。

 

蓄膿に効果的なお茶