【速報】600円税込(送料無料)でお試し↓

子供の成績が悪いのは蓄膿症が原因かも?!

 

蓄膿症と言うのは、12歳以下の子供に多い鼻病。その理由は子供はズルズルとした鼻水をいつまでもかまない、あるいはすすって終わりにしてしまうことが多いからです。

 

また、アレルギー性鼻炎も鼻水で鼻腔がふさがれてしまうため、蓄膿症(正式には慢性副鼻腔炎といいますが…)にかかりやすくなってしまいます。

 

蓄膿症は意外と遺伝性があるとされているため、親が蓄膿症、アレルギー性鼻炎ですと子供も遺伝で引き継いでしまう可能性があります。

 

蓄膿症で成績が下がる?!

蓄膿症、また蓄膿症予備軍になってしまうと鼻に鼻水や膿が溜まり、新鮮な空気が入ってこなくなります。このことが頭痛・記憶力の低下・集中力の欠如などを引き起こしてしまいます。

 

その結果として、勉強しても頭に入ってこない、集中力が無くなるから問題が解けないことにつながっていきます。

 

さらに鼻から悪臭がするようになるため、イジメの原因にもなり子供の人生に大きく左右することは想像つきますよね?塾や習い事にお金をかけるのも良いですが、この辺のケアもしっかりやっておかないと成績に影響するので意味がありません。

 

蓄膿症にならないための食生活を送るには?

油っこい物や糖質を大量に摂取すると、粘液がでやすくなってしまい、蓄膿原因の鼻づまりになりやすくなります。

 

蓄膿症は肥満児に多いというデータもあり、食生活が蓄膿症に絡んでいることは明白。

 

食事を変えることで、蓄膿症予防や改善できることがあります。

 

蓄膿に効果的なお茶