【速報】600円税込(送料無料)でお試し↓

若い人(20代)でも痛風

 

 

痛風の症状を画像を使って紹介

youtube動画も参考にご覧ください。

 

痛風が発症するような人たちのイメージといえば、40代〜60代の中高年ですが、
最近では20代といった若年齢層でも増加しており、
発症ピークも50代から30代へと年齢層が下がっています。

 

なぜ、若くして痛風に?

若年齢化している背景には、食生活や生活スタイルの変化が挙げられます。

 

便利すぎる今の世の中では、外食産業が豊富。
手軽に好きなものを好きなように食べられてしまうのもある意味問題でしょうね。

 

ウナギ、白子、あん肝などプリン体の豊富な食材もいまや珍しくなく、
手軽に低価格で食べられるのも原因ではないかと。

 

ほかにはストレスや運動不足なども痛風発作を引き起こす原因となります。

 

痛風は骨折以上の激しい痛みや腫れを伴い、一度かかってしまうと完治が難しく、
糖尿病などと同じように症状を抑えながら付き合っていくことになりますので早期予防が重要です。

 

お酒や食事が我慢できない人は…

痛風に役立つ健康茶