【速報】600円税込(送料無料)でお試し↓

プリン体の少ないお酒

 

よく「ビールはプリン体が多い」と言われていますが、実際のところどうなのでしょうか?
一般的なアルコールのプリン体含有量を調べてきましたので参考にしてください。

 

アルコール別のプリン体含有量

  • ビール大瓶1本 (633ml中32.4mg)
  • ワインボトル1本 (750ml中3.0mg)
  • 日本酒一合 (180ml中2.2mg)
  • ウイスキーダブル1杯 (80ml中0.1mg)
  • 焼酎お湯割り1杯 (100ml中0.03mg)

こうしてみると焼酎割りが一番、プリン体が少なく、ビールのプリン体は
確かにアルコールの中では一番多いですね。
ですが、お酒のプリン体含有量は食品に含まれるものに比べかなりに低いものとなっています。

 

ただ、飲みすぎは尿酸の排泄の阻害されやすくなります。

 

痛風や肝臓病、生活習慣病を発症させないためにお酒の量を減らしたり、
健康茶やサプリメントなどでサポートすると良いでしょう。

 

お酒や食事が我慢できない人は…

痛風に役立つ健康茶